» 伊勢神宮~おかげ横丁でブラブラ

5月15日 伊勢神宮~おかげ横丁でブラブラ
伊勢神宮の参道?には、おかげ横丁という、ようするにお土産屋街があります。ここが楽しい!街の風情もあって、ブラブラしているだけでも楽しいです~。

さて、伊勢神宮の参拝(というなの見物)も終わったことですし、お待ちかねのお土産屋街散策です(笑)。こっちの方がメインだったり?します(笑)。まずはさっそく伊勢うどんで、早めの昼飯ということで、伊勢神宮からすぐのところにあるお店、二光堂というお店に入ってみました。



伊勢うどんとは、太目のうどんをテロテロになるまで茹でて、そのうどんに、甘辛い醤油ダレ?を、讃岐うどんでいうところの”ぶっかけ”状態みたいにぶっかけたものですね~。ふにゃふにゃに柔らかいですね~。

混ぜて食べるみたいですね~。・・・味は、思っていたよりは、あぁなるほど、これはこれで悪くないわな~・・・というカンジ。その昔、歩き疲れた伊勢詣での人々には、消化に良い柔らかいうどんは、ありがたいものだったのかも?!・・などと、勝手な想像をめぐらせます(笑)。

子供らは大好きな味ですね。柔らかくて食べやすいし。

ちなみにお値段450円。二杯頼んで900円。いい儲けだな~。きっと凄い原価率(笑)。

まぁ、想像していたよりは美味しかったですが、それぞれの好みかとは思いますが、自分は讃岐みたいなコシがバッチリ!あるうどんが好きですので、他の店も食べ歩き!・・・とまでは行く味ではありませんでした。・・・ちなみにこの伊勢うどん、ネットで調べると、大体どこの店も一杯450円くらいで面白い。カルテル?・・・まぁいいけど(笑)。

さてさて、おかげ横丁ですね~。「伊勢神宮の”おかげ”で商売させてもらってます」・・・という精神から、おかげ横丁なんだとか?・・・まさに、その通りなので面白い(笑)。

お店の案内板ですね~。イイカンジに横丁全体が整備されていて、あぁ、江戸時代の人々も、こういったお土産屋街をブラブラするのは、同じように楽しかったんだろうな~・・・と思わせてくれるほど、いい風情があります。

女房殿がリサーチ済みで、行ってみたいと言っていた、かまぼこ屋「若松屋」さんですね~。



もう、お店の外観からも、「美味いに決まってんじゃね~か!」・・・というカンジ。

女房殿が、かまぼこを物色中。私はちょっとブラブラ。なんかヤグラ?のようなものがあります。

江戸時代そのまんまの雰囲気。時代劇のセットみたいです(笑)。しかし、いかにも「そういう風に演出してます!」みたいなあざとさは無く、さりげないので、とってもいい感じですね~。

蒲鉾の若松屋さん。お店の前の鉢にはメダカ。いいかんじ。金魚じゃないのがイイね!子供らは夢中ですね~。これもいい絵ですね~。

店内にも沢山の商品。ウマそう!

さて、なんか女房殿が買ってきました。

蒲鉾ですね~。美味いにきまってんじゃねーか!(笑)。(実際、美味かったです)

いい絵ですね~。

メダカですね~。ワイルドキャッチか?!(笑)

ヤグラですね~。お祭りの時などは楽しいんだろうな~・・・。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

 

 


■(前のページ)‹‹ 伊勢神宮参拝 伊勢神宮~おかげ横丁でブラブラ(その2) ››(次のページ)■